誇りと意地と情熱を。

北大生のブログ。東京出身です。日々の何気ないことから、様々に書き綴ります。

Gakuie Night

明後日、札幌に戻ります。 11/2-6の四日ほどの滞在になります。 おととい盟友から12月に帰札するとの連絡がありました。 ちょっと気にかけてたことを託せそうです、ほっと。 雨降って地固まる。 英語では逆境が基礎をつくると訳すそうです。 失敗しても、ど…

いま、札幌で環境をつくらねば

東京来て1ヶ月半が経ちました。 元々の先輩たち、新しく出会った人、札幌いた頃には想像もできないぐらい多くの人にお世話になってます。 東京で、同年代でも圧倒的な人にも会いました。 東京で、素晴らしい会社にも出会いました。 ただいくら環境が変わろ…

分岐点

挑戦ってなんだろう。 環境を変えることかもしれない 今までやってこなかったことをやってみることかもしれない。 新しく誰かに会うことかもしれない。 もしかしたら、なにかを辞めることかもしれない。 今年の前期、自分自身以外にも近い人の大きな挑戦を目…

雑記0815

「君の膵臓を食べたい」を見て以来、なんとなく恋愛小説を読んでいます。 「美丘」(石田衣良)、「東京タワー」(江國かおり)など。 この前読んだ小説の登場人物がこんなことを言ってました。 「女性は恋愛小説を読む分、男子よりも恋愛シミュレーションを…

雑記0814

毎回書くたびに久しぶりだと思ってしまうのは僕に継続性が無いからでしょうか。 気まぐれなだけなのですが、継続性が美ととらえているうちはまだまだなのかもしれないなと考えている今日この頃です。 一昨日あたりから東京に戻ってます。 休学明けてからの五…

久しぶりに文章を書こうと思った。 何事かを報告するため、何事かをアナウンスするためとかではなく、ただ文章を書こうと思った。 いつから僕らにとって文章は私的な行為ではなくなってしまったのだろうか。 日記や手紙。 便箋という漢字すら書けるかは危う…

名づけ

録りためておいた「本日は、お日柄も良く」を見ました。 原田マハの同名小説をドラマ化したもので、政治家のスピーチなどの書く「スピーチライター」にスポットを当てたドラマです。 人間とサルの大きな違いは言葉を操るかどうかでそれ以外はたいして変わら…

RL#01

RebuildingLAB#01が終わった。 みながどう感じたかは分からないけれど、ちゃんと準備してきたイベントの中では一番出したいものを出せたイベントだった。 初めて大学に入った時に、部活とサークル以外に選択肢のないという違和感。 いざ部活を辞めて何かをや…

3がつ

気が付いたら3月になっていた。 就活が公式に始まったみたいです。どこかまだ他人事。こんなんじゃまずいのかもしれないけど、他に考えることがたくさんあるから仕方ない。 発売されてからちょこちょこ読んでいたんだけど、第一部を読み終わったら、とらえら…

情動/常道

札幌に帰るまであと10日ばかりです。 サカナクションのAbemaTVでの生放送(生配信)を見てしまった故(つまり酒が入っていることだけど)に、細かい計算が合わかったり、論理展開が追えなくなっちゃったから、今日は勉強はやめて、なにかしら書こうと思いま…

新年事始め

新年あけましておめでとうございます。 気が付けばだいぶ日数が経ってしまいましたが。 実は一部の人だけになっちゃいましたけど、 年賀状代わりに年賀状っぽい画像を作って送ってみました。 どの家でも観られる光景でしょうけれど、実家にいると両親が年末…

orikaeshi

明日、空港泊する都合上、気分的には今日が前半戦最終日です。 公務員試験関連の課していた分は昨日までには終わり、韓国語勉強したり、読書したり、映画見たりしています。 今日は24時からサカナクションがオーガナイズするクラブイベントNF1Rの配信がある…

むだい

前回からずいぶんと時間が空いた気がします。 昨日11月に受験した公務員試験の結果がかえってきました。 個人的にはまあこんなもんでしょうという印象です。 それと同時に人事院から日程が発表されました。 受験日は4月30日だそうです。 先がながいようであ…

空気

今日の東京は晴。 気が付いたら12月に入ってから三日がたった。 休学してから2ヶ月弱が過ぎ、考える時間がこれまで以上に長いと、これまで考えてこなかったことを考えることができる。 地元にいると、高校までの地元で過ごしてきた時に何があったのか、当時…

転換

やっと自分の中で、“そういう社会が理想だな”というものが形作られてきました。 まだふにゃふにゃして、風が吹いたら落ち葉が吹き飛ぶように、さーっと形を成さなくなってしまいそうな感じではあるんだけど、やっとぼんやりと見えてきました。 理想だなんて…

項数

東京でも雪がふりました。 11月の雪は54年ぶりということで、いつかまた降るであろう11月の雪に、僕はまたあるのだろうかと思うと感慨深いです。 まあそれはさておき、ここ最近になってこれまで色々と考え続けてきたことに対して、やっと腑に落ちた気がして…

淡々とした毎日を送っていると、如何せん自分自身の変化に気づきにくくなっている気がすると共に、自分自身の純粋な部分を抉り出しているようで、なかなかに新鮮な感覚がある。 部活の大会で、ライン際で相手に接触し、靭帯を切ったのがちょうど六年前。 思…

雑感そのに

公務員試験に向けて準備を始めてから三か月がたちました。 振り返りと反省とそこらへんを。 三か月 経過日数 93日 平均学習時間 9時間 読書数 40冊 というところです。 この前の模試の結果がまだ戻ってきていないので成績的な面からの振り返りはできないので…

動画

昨日は小春日和だった東京は、今日になって一転冬に向けて準備しているかのように寒い。 木曜日にはもしかしたら小雪舞うという寒さなのだから、もう冬と言っても遜色はないだろうか。 先週初めて平均学習時間が12時間を超えた。 大学受験時はピーク時、週平…

体温を科学してみる。

やっとマクロ経済とミクロ経済が経済学部の人並みにわかるようになってきたこの頃です。 何が起こるか起こすか分からない半年後のことを考えてはもやもやし、またわくわくする、その繰り返しのこの頃です。 インターネットで色々調べてると、公務員試験の勉…

時限

小学校中学校高校のころは学年ごとにフロアが違っていた。 当時当たり前のように思っていたことをひさしぶりに思いだした。 学年ごとにフロアが違うということが学校という狭い中での一つの証になっていたのではないかと、振り返ってみて思う。 誰しも先輩に…

模試

明後日、スーパームーンらしい。 太陽の重力の関係で地球の周りを楕円の軌跡を描きながら動いている月が地球に最も近づく。 次は2030年代と見たのだけれど、本当なのかな。 公務員を目指そうと軌道を決めてから、かれこれ二か月強。 今日初めて模試だった。 …

深浅

いつか小説を書こうと思っている。 毎日話したり書いたり読んだりしてきてる中で、言葉を組み立てるというのか、ちゃんと言葉を考えて並べることがないから、これはいい機会なのではないんかなと。 この前、司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読んだけど、小説を書…

選挙

アメリカの次の大統領がトランプ氏になったという。 大統領選挙始まった時点では誰も予想していなかった結果に世界中が慌ただしい。 過激な発言で話題をさらっていたけれども、あれだけ事業で成功してきたのだから、非常に合理的で賢い選択をする大統領にな…

日に日に寒くなってくる。 前々から小説っぽいものを書けたら楽しいんだろうなあて思ってはいるものの、そのたびに偉大な小説と対面して、まあ読んで楽しければいいか、って諦める、その繰り返し。 司馬遼太郎の『燃えよ剣』を読んだ。 司馬遼太郎の小説は『…

なんとなく書こうという気になり、こうしてパソコンでカタカタしているけど、何も書きたいことが浮かばない。 だからこそ何を書こうと思うのか楽しみでこうして書くことにいたのだから当たり前なのだけど。 自分の身の周りで書けそうなことはたくさんあるん…

雑感そのいち

昨日は文化の日。 憲法公布から70年の節目の日。 憲法の存在を感じるのは新聞などメディアを見る時か、冗談で「表現の自由だ!」とかいうぐらいなので、こういうお休みの日は大事なもんだなあと感じた。 Khcoderという解析ツールがあって(無料だよ)文章の…

「蟻とキリギリス」の話は誰しも聞いたことある話。 夏に働き、冬のたくわえをする蟻と、夏を謳歌し、冬に食べ物がなくなり、それを蟻に助けてもらおうとするが、断られてしまうキリギリス。 簡単に見ると、一時の享楽に溺れず、将来を俯瞰し計画を立てるの…

村上春樹が何年か前に書いた「1Q84」の中で「猫の町」という小説が登場する。 ある日、電車に乗って途中下車して降りた駅は夜に猫が支配する街、そこでは毎晩毎晩猫が生き、、、、みたいな話だったはず。 僕が初めて「1Q84」を読んだのは大学一年生の時だっ…

新宿

高校時代三年間過ごした街・新宿。 副都心線が開通しなければ、僕は新宿で高校時代を送ることはなかった。 副都心線が開通したのが2008年だから、当時中学二年生だった僕らの年代は副都心線開通によって、新宿高校という選択肢が生まれたという人は少なくは…